スピーカープロフィール

bio_010

ゲイリー・ハメル

戦略的イノベーションの専門家、『経営の未来』著者

フォーチュン誌はゲイリー・ハメルを“ビジネス戦略の領域で世界で最も進んだ専門家”と評し、ザ・エコノミストは“戦略における現在の世界最高権威”と呼び、フィナンシャル・タイムズ紙はオピニオンの中で“並ぶもののない経営のイノベーター”とした。 最近ではビジネス・ストラテジー・ジャーナルが、ゲイリーをヘンリー・フォードやビル・ゲイツなどの事業パイオニアとともに20世紀で最も影響力のあるビジネス思想家の一人に上げていた。過去2年間、エグゼクティブ・エクセレンスはゲイリーを最も影響力のある経営に関する講演者としてランクしている。

ゲイリーの橋頭堡となる書籍、『リーディング・ザ・レボリューション』(日本経済新聞社)はあらゆる経営ベストセラーのリストに現れた。『経営の未来』(日本経済新聞出版社)は2007年にハーバード・ビジネス・スクール・プレスから出版された。他にも、『コア・コンピタンス経営』、『競争優位のアライアンス戦略』などの名著を残している。過去20年にわたり、ゲイリーは15の記事をハーバード・ビジネス・レビューに書いており、どうレビューの歴史の中で彼は最も抜き刷りされた著者である。彼はウォール・ストリート・ジャーナル、フォーチュン、フィナンシャル・タイムズやその他多くの経済出版社に書いて来ている。

ゲイリーはロンドン・ビジネス・スクールの教授陣メンバーで現在戦略と国際経営の客員教授である。彼はGE、タイム・ワーナー、ノキア、ネスレ、シェル、プロクター&ギャンブル、3M、IBMやマイクロソフトなど様々な企業のため仕事をしてきた。 彼が作ったコンセプトである“ストラテジック・インテント、コア・コンピテンス、インダストリアル・レボリューション、マネジメント・イノベーション”は世界中の企業の経営実務を変えた。

世界で最も需要のある経営に関する講演者として、ゲイリーは世界経済フォーラム、フォーチュン500グローバル・サミットやその他同様の権威ある会合で講演している。彼はイノベーション政策、企業家精神、産業競争力について政府のリーダーに助言も行っている。 現在彼は、世界で最初の“経営イノベーション・ラボ”の設立に努力を注いでいる。このラボは先進的な企業と世界的に名声のある経営学者が“明日のベスト・プラクティス”を共同創造するためにともに働くと言う環境を創造する初の試みである。そのゴールは、経営知識と実務の進化を急速に加速することにある。

<講演テーマ>

誰からも、いつでもイノベーションは生まれる 変革それ自体と同じくらい機転の利く会社 究極の競争優位

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■Management MUST Be Reinvented - Gary Hamel

■Gary Hamel at Dell: How will social media change organizations?