スピーカープロフィール

bio_036

ラム・チャラン

経営アドバイザー

ラム・チャランは、難解なビジネス問題を解決する能力が高いことで、シニア・エグゼクティブの間で有名な世界中で引っ張りだこな経営アドバイザーである。

35年以上もの間、ラムはGE、ヴェリゾン、ノバルティス、デュポン、トムソン・コーポレーション、KLMやバンク・オブ・アメリカを含めた世界で最も成功している会社のいくつかでシニア・エグゼクティブと影で仕事をしている。

ラムのビジネスへの序章は、彼が育ったインドの小さい村の家族経営の靴屋で働いていた早い時期に始まる。彼はハーバード・ビジネス・スクールでMBA及び博士号を取得。博士号の後にはハーバード・ビジネス・スクールの教授陣に加わった。

彼は的を得た、現実世界のビジネスの複雑さを考慮したアドバイスを行うことで知られている。フォーチュン誌にはコーポレート・ガバナンス領域での先達と評された。ラムはサーベンス・オクスリーやニューヨーク証券取引所の求めるものを超えて、グループのダイナミズムを改善する現実的手法を提供することにより、役員達を助けている。

多くの人が社内のエグゼクティブ教育プログラムを通じてラムを知るようになってきた。彼のエネルギッシュでインタラクティブな教え方は多くの賞を得ている。彼はGEの有名なクロントンビル・インスティテュートでベル・リンガー賞を、ノースウェスタンで最優秀教授賞を受賞した。彼はビジネスウィーク誌が選ぶ企業内エグゼクティブ開発プログラムの10傑の一人に選ばれた。

過去5年間、ラムの本は2百万部以上売れている。この中にはラリー・ボシディとの共著『経営は「実行」―明日から結果を出す鉄則(日本経済新聞社)』を含んでいる。

フォーチュンにたびたび記事を寄せるチャランは2つのカバー・ストリー、“なぜCEOは失敗するのか”と“なぜ企業は失敗するのか”を書いている。その他、フィナンシャル・タイムズ紙、ハーバード・ビジネス・レビュー、ディレクターズ・マンスリー、そしてストラテジー&ビジネスに論文を載せている。

ラムはコーポレート・ガバナンスのブルー・リボン委員会に従事し、国立人材アカデミーの名誉理事に選出された。彼は、オースチン・インダストリーズ、タイコ・エレクトロニクスの取締役会メンバーである。

<講演テーマ>

イノベーションと成長:ゲーム・チェンジャーを育てる
売り方を再検討する:消費者があなたに知って欲しいこと
リーダーシップ・ノウハウ:すべての階層でリーダーを育てる
実行(エグゼキューション):ことを成し遂げる為の訓練
下降をマネージする-使用するツール
経済的不確定時代のリーダーシップ

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■Ram Charan on Leaderonomics Show