スピーカープロフィール

bio_039

ルイス・ガースナー, ジュニア

IBM、元会長兼CEO

IBM再生のために、経済や市場の現実を変えるように操作した、苛烈な変革リーダールー・ガースナーは、ビジョンを持ち、戦略的で、強い意思を備え、高度の集中力を持った現代のグローバル企業リーダーの象徴である。

IBMのドラマティックな変革の創造者として、ルー・ガースナーは、強い企業カルチャー、スピード感のある実行力、また理想的ではない経済環境、グローバルにビジネスを展開する複雑な現実の中でのビジネス成長へのチャレンジの必要性について説明する。彼のリーダーシップのもと、IBMは製品を製造する会社からサービスを提供する会社へと変わり、会社にまったく新しいビジネス機会を開いた。ガースナーの確信は、このような混乱した経済状況では、企業にとって競争優位を獲得する大きなチャンスだということである。そして成長を追い求め、利益率を確保する彼の処方箋は単刀直入だ。戦略をセットして、リソースを方向付け、実行する。そして、複雑さを増す国際市場を即座に対処することだ。ガースナーは聴衆に彼の並外れたキャリアをもとに、今日のビジネス環境におけるユニークなチャレンジとビジネスチャンスについて語り、アドバイスを行う。彼のニューヨーク・タイムズ紙ベストセラーとなった本、『巨象も踊る』はIBMの再興を書き止め、リーダーシップや変革について考えさせる内容となっている。

<講演タイトル>

ルー・ガースナーとの会話
リーダーシップと変革
学校における危機

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■Louis V Gerstner IBM Leadership (DCP 2010)

■AzwDaHxI1Ho