スピーカープロフィール

bio_062

パラグ・カンナ

シンガポール国立大公共政策大学院・上級研究員

国際政治、経済、環境、文化の世界を統合し、パラグ・カンナは最近エスクワィア誌に“21世紀の最も影響力のある75人”の一人、またワィアード誌の“賢人リスト”の第一位に選ばれた。

彼のユニークな分析とシナリオは、意思決定者にこの複雑で移り行く世界の概念図を完全な形で示し、ビジネス、政府、市民社会の戦略家たちに成功へのロードマップを提示する。

2009年に世界経営者会議のヤング・グローバル・リーダーに指名され、カンナは100カ国以上を訪れ、ハイチ、ドイツ、フランス、スペイン、アラブなどで講演するなど世界的時事問題について並外れた知識を蓄えている。

パラグ・カンナはグローバル・リスクと新興市場戦略に関して企業のリーダーに向け定期的にエグゼクティブ・ブリーフィングを行っている。バラク・オバマの大統領選挙で外交政策アドバイザーを務め、2007年にはイラク・アフガニスタンに於ける米国特殊作戦部隊に対する上級地政学アドバイザーにも就任した。国際的メディアでも頻繁に登場し、CNN、BBC、PBS、アル・ジャジーラ、NPRなどで特集されている。

ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、フィナンシャル・タイムズ、フォーブス、TIME、ニューズ・ウィーク、ビジネス・ウィークなどに寄稿し、パラグ・カンナはグローバリゼーションの将来に関するあらゆる視点で、広く求められるコメンテーターである。カンナ博士はジョージタウン大学に於いて外交政策で学士及び修士号を取得。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで博士号を取得した。

<講演テーマ>

グローバル経済を再マッピングする
新たな地政学市場:西洋、東洋、そしてその中間の第二世界
世界を動かす方法:混乱した時代のコレクティブ・リーダーシップ
目に見えない地図:国境の無い世界グローバリゼーションを作る
将来のトレンド:今日の戦略

『接続性の地政学』内容紹介

「急激に都市化する世界に対処する最上の策かもしれない」(ワシントン・ポスト)
「これまでに書かれた最もグローバルな本」(ワイヤード)
「本書は魅力的な地政学上の旅行から地域を結びつけ、人々のつながりを深めることを可能にした」(フォーリアン・アフェアーズ)

ベストセラー『「三つの帝国」の時代』『ネクスト・ルネサンス』の著者、世界的に注目集める気鋭の研究者が問う、世界を覆う保護主義へのカウンターとあり得べき未来

America First を声高に叫ぶ新大統領、移民排除と利益確保を訴える欧州のリーダー、自国中心の集約を狙う中国……。グローバリズムは失墜したといわれ、保護主義、孤立主義が台頭してきそうなこの世界の現況に、知的で合理的なカウンターを打ちこむ本書、『接続性の地政学』。
グローバリズムには〝ありうべき〟その先があると著者は言い切ります。狭い国土で多くの人が暮らすこの日本にとって、それはなにより大切な考え方なのではと思います。
「接続性」をキーワードに描きなおした世界。これまでの地図のかたちを大きく変える考え方。ぜひ実感してください。

「接続性」(Connectography)とは、交通、通信、エネルギーなどのインフラ整備による国家の枠組みを超えた「つながり」を示します。「ジオグラフィー(地理学)」ではなく「コネクトグラフィー(接続性)」がふさわしい時代であるという認識のうえに、どのような未来が見えてくるのか、膨大なデータと自ら世界中を歩いた経験をもとに描いています。
世界の様々な都市・コミュニティがエネルギー供給網、交通インフラ、インターネットで〝つながり〟、国境の枠組みをはるかに超えて驚くほど合理的でスピーディーなやり取りをおこなっています。
いま、世界の都市では何が始まっているのか、どこへ向かおうとしているのか、著者が実際に訪れて体験した〝現在〟から見えてくるもの、そのすべてが本書にあらわれています。

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■Parag Khanna maps the future of countries

■Authors@Google: Parag Khanna

■Conversations With History - Parag Khanna