スピーカープロフィール

20120813_profnakamura_1_1

中村安秀

大阪大学大学院教授。母子手帳の父。

大阪大学大学院人間科学研究科 教授。特定非営利活動法人HANDS 代表理事。

1977年東京大学医学部卒業。86年から国際協力機構(JICA)の母子保健専門家としてインドネシアに赴任、その後も途上国の保健医療活動に取り組む。1999年10月より現職。

2000年NPO法人HANDS設立に携わり代表理事に就任。国際協力、保健医療、ボランティアをキーワードに、学際的な視点から市民社会に役立つ研究や教育に携わる。

1998年第1回母子手帳国際シンポジウムを日本で開催して以降、隔年で世界各地にて同会議を開催している。

既に40か国以上の国で母子手帳が使われるまでになった。

 

中村安秀への講演依頼にご興味がある方はこちらへご連絡下さい。

スピーカーの検索

<書籍>