スピーカープロフィール

Gilboa-Itzhak_HEC Paris Professor - Copie

イツァーク・ギルボア

HEC経営大学院の経済学・意思決定科学教授、イェール大学コウルズ財団経済研究所フェロー、テルアビブ大学経済学部教授

イツァーク・ギルボア(Itzhak Gilboa、1963年2月13日 – )は、イスラエル・テルアビブ出身の経済学者。

テルアビブ大学Ph.D.(経済学)。

HEC経営大学院の経済学・意思決定科学教授、イェール大学コウルズ財団経済研究所フェロー、テルアビブ大学経済学部教授。

1963年、テルアビブで生まれる。

テルアビブ大学で数学と経済学の学位を取得。飛び級を重ね、兵役中に博士論文を書き上げる。

1987年、デヴィッド・シュマイドラーの指導下で経済学の博士号を取得。

意思決定理論の第一人者であり、不確実性下での意思決定に関するモデルである「マキシミン期待効用理論」や「事例ベース意志決定理論」を、師のシュマイドラーと共同で発表した。

 

イツァーク・ギルボアへの講演依頼にご興味がある方はこちらへご連絡下さい。

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■Uncertainty: a view from Economics and Decision Sciences, with Itzhak Gilboa

■The University of Chicago Policy Forum: Itzhak Gilboa