スピーカープロフィール

bio_021

ノール・ティシー

ミシガン大学ビジネススクール教授

リーダーシップを教授し得るものへと変えた偉大なる変革者であるノールM.ティシー博士は、組織のあらゆる層にリーダーシップ・ティーチングやラーニングをはめ込むことによって企業のパフォーマンスを変換させることに、その著名なるキャリアを捧げている。ノール氏はミシガン大学ビジネススクールの組織行動学・人材マネージメント学の教授である。

ティシー博士は、『The Ethical Challenge』、『The Cycle of Leadership』、そして1997年にビジネスウィーク誌でトップテンに入るビジネス書の一つに数えられたベストセラー『リーダーシップ・エンジン』など数多くの著書や論文を執筆されている。彼の『The Ethical Challenge』の中で、ティシーはビジネス倫理に関する“教えることが出来る視点”について優れた作家たちの寄稿文を集め、組織のあらゆるリーダーたちに向け提供している。『The Cycle of Leadership』や『The Leadership Engine』では、リーダーシップのパフォーマンスを改善する為に知の交換や道徳的(virtuous)教示サイクルをどのように創造してゆくべきかを描き出してる。成功している会社の例を引きながら、ティシーは、21世紀に於ける勝利する企業に絶対的に必要なリーダー開発の手法に対して、示唆に富み、信頼でき、そして何より重要なのは、“実行可能である”解決策を提示してくれるのである。

ティシーは調査とエグゼクティブ開発の国際的コンソーシアムであるグローバル・ビジネス・パートナーシップを主導している。このパートナーシップは、10年以上にわたり日米欧の36企業が参加するコンソーシアムであり、シニア・エグゼクティブの開発や中国・インド・ロシア・ブラジルなどの国際化に向けた活動調査を行うためにパートナーを組んだグローバル・リーダーシップ・プログラムを運営している。彼は現在グローバル・リーダーシップ・イン・ヘルスケアーの代表と務め、米国や欧州・インドの主要医療センターからCEO達をはじめ主要役員チームとともに仕事をしている。

ティシー教授は民間・公共団体を問わず広くコンサルティング活動を行い、アクション・ラーニング・アソシエイツのシニア・パートナーを務めている。彼はミシガン大学で“リーダーシップ・エンジンの設立”というエグゼクティブ向けのプログラムを指導しており、最近に於いてはGEやプロクター・アンド・ギャンブルとパートナーを組みビジネスと社会とのパートナー関係を模索するナショナルモデル創造の為にデザインされたグローバル・コーポレート・シチズンシップ・イニシアチブの設立を主導していた。

ティシーはGEの神話化されたクロントンビル・リーダーシップ・センターの元所長であり、そこで彼はアクションラーニングへの移行をリードした。ティシーは、イーライ・コーエンとのパートナーで、クーパス・アンド・ライブランドコンサルティングのチェンジマネージメントに於けるセンター・オブ・エクセレンスとアライアンスを組みリーダーズ・ディベロッピング・リーダーズ(リーダーを開発するリーダー)と呼ばれる新規変革リーダーシップサービスを立ち上げた。

<職歴>

・ゼネラル

・エレクトリック、前経営者教育担当マネージャー

・the Academy of Management Review, Organizational Dynamics, Journal of Business Research, and Journal of Business Strategy の編集委員

・Human Resource Management 創立者

・編集長

・特別評議委員, National Academy of Human Resources, 1999

・教育者オブ・ザ・イヤー受賞、1994年, Sales and Marketing Executives International

・ビジネス・リーダーシップに於けるジフォード講演者賞受賞、バージニア州リンチバーグ・カレッジ、1994

・ベスト・プラクティス賞受賞, American Society for Training & Development, 1993

・コロンビア大学、社会心理学博士号取得

・コルゲート大学心理学修士号取得

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■Assista ao vídeo com Noel Tichy - Parte 1