スピーカープロフィール

bio_033

マイケルD. アイズナー

ウォルト・ディズニー CEO(1984-2005)、トップス・カンパニー、創業者兼会長、ヴゥーグル 創業者

マイケルD.アイズナーは1984年会長兼CEOとしてウォルト・ディズニーに参加した。21年間にわたる在任期間中、彼はディズニーを再生させ、総合エンタ-テイメント企業へと生き返らせた。彼のリーダーシップのもと、ディズニーは一連の継続した創造的成長戦略の導入、つまり、アイデアの持つ力に焦点を当て、イノベーティブなビジョンを追求し、創造的リスクを取ることを開始し、その結果年間売上は17億ドルから300億ドル以上に上った。メディア産業におけるリーダーとして40年近くになり、アイズナー氏は、独創性に富む想像力とイノベーションで認知される組織を監督して、事業にインパクトを与える技術的優位の炸裂を経験し、次の大きなアイデアの出現を通じて会社を引っ張っていった。 マイケル・アイズナーは現在もエンターテインメント・イノベーターであり続けている。彼の投資会社トルナントはヴゥーグルというインターネット、ポータル・メディア・ディバイス、そしてセルフォン向けにオリジナルの番組制作を行うスタジオを立ち上げた。 リーダーシップに関するプレゼンテーションで、彼は常に成長と変革を求められる企業を経営するとはどういうことか、彼の見識を披露してくれる。

<講演タイトル>

ともに働く:なぜ優れたパートナーシップは成功するのか 創造的経済 リーダーシップ:失敗とパラドックスから成功を導く

スピーカーの検索

<書籍>