スピーカープロフィール

m

マーチン・エバーハード

テスラの共同創業者,元CEO。起業家、発明家。

マーチン・エバーハードはテスラの共同創業者であり元CEOである。電気自動車の再開発で高い評価を得て、電気自動車が将来の乗り物であるという社会認識を作り出した。フォルクスワーゲン電気リサーチ研究所の前所長。

マーチン・エバーハードはエンジニアであり、ベテランの起業家であり、少なくとも22の特許を持つ発明家でもある。彼は1982年にイリノイ大学のアーバナシャンペン校からコンピューター・エンジニアリングの学士、1984年に同校から電気技術の修士を得、最近では同校から名誉卒業生賞を授与された。

エバーハードは1987年にネットワーク・コンピューティング・ディバイスの会社を共同で立ち上げ、1992年のIPOを通じてチーフ・エンジニアとして仕事をし、いくつか成功した製品を世に送った。1996年には同僚であるマーク・ターペニングと一緒にNuvoMediaを立ち上げ、そこで世界初の安全にインターネットでコンテンツをやり取りできるRocket eBookを開発した。

エバーハードはNuvoMediaが2000年にジェムがスターに買収されるまで会長兼CEOとして仕事をした。

2002年にNuvoMediaが成功裏にEXITを成功させたのち、エバーハードは同僚のマーク・ターペニングとテスラ・モーターズを創業し、エバーハードはそこで2007年11月までCEOを務めていた。

 

マーチン・エバーハードへの講演依頼にご興味がある方はこちらへご連絡下さい。

スピーカーの検索

<講演ビデオ>

■Stanford Seminar: Electric Vehicles & Startups

■Tesla co-founder Martin Eberhard on EV revolution | ETGBS 2019