スピーカープロフィール

NEW YORK, NEW YORK - JUNE 13: Former Senior Advisor to the Barack Obama White House Valerie Jarrett visits "Cavuto: Coast To Coast" at the Fox Business Network Studios on June 13, 2019 in New York City. (Photo by Roy Rochlin/Getty Images)

バレリー・ジャレット

Lyft取締役メンバー、オバマ政権大統領上級顧問

バレリー B. ジャレットはバラク・オバマ財団の理事長でありシカゴ大学ロースクールの上級名誉理事である。

彼女は2019年4月に上梓されたニューヨークタイムズ紙ベストセラー“ Finding My Voice: My Journey to the West Wing and the Path Forward,”の作家である。彼女はシビック・ネーションの取締役会長であり、The United State of Womenの共同会長である。ジャレットはまた、Walgreens Boot Alliance, Inc., Lyft, Inc., 2U, Inc., Ariel Investments, Time’sUp, The John F. Kennedy Center for Performing Arts,の取締役を務めている。

ジャレット女史は2009年から2017年まで史上最年長の任期で上級顧問としてバラク・オバマ大統領に仕えた。彼女は広報課と政府間問題課を統括し、女性と少女に関するホワイトハウス協議会の議長であった。

ジャレットは公共部門、民間部門の両方のバックグラウンドを有している。彼女はシカゴのハビタット・コーポレーションの最高経営責任者を務めており、シカゴ市の企画開発部門のコミッショナー、シカゴ市長リチャード M. ダレイの副首席補佐官、そして10年間弁護士を開業していた。彼女はまた数多くの企業やNPOの取締役も兼務してきている。タイム誌は彼女を世界で最も影響力のある100名に選んだ。

ジャレットはスタンフォード大学で学士を、ミシガン大学ロースクールで法学修士を1981年に取得している。

 

バレリー・ジャレットへの講演依頼にご興味がある方はこちらへご連絡下さい。

スピーカーの検索

<書籍>

<講演ビデオ>

■The Choice 2020: Valerie Jarrett (interview) | FRONTLINE

■Obama's Advisor Valerie Jarrett Reviews Presidential Films & TV, from 'Veep' to 'Independence Day'