スピーカープロフィール

Chris-Kelly--Virtual-Keynote-Speaker (002)

クリス・ケリー

プライバシーとセキュリティの専門家、Facebookの25人目の従業員、NBAチームオーナー、エンジェル投資家、知的財産弁護士

シリコンバレーの投資家であり、革新的な企業を構築し、インターネットを子供と大人の両方にとってより安全な場所にした長い実績があります。Facebookの最初のChief Privacy Officer、General Counsel、およびHead of Global Public Policyとして、Facebookを現在のユビキタスコミュニケーションメディアに成長するのを支援しました。アイデンティティに関するサイトの安全性とセキュリティポリシーを策定し、規則と法の執行のために高度な訓練を受けたスタッフを配置したことは、Facebookの成功の重要な要素として認められています。

2009年にFacebookを去り、カリフォルニア州司法長官の民主党の指名を求め、州全体の役職に初めて出馬した7区で投票の16%を獲得しました。 2010年6月初頭以来、彼はテクノロジー、メディア、金融の変革を求める企業への積極的な投資家になりました。現在、彼は独立した映画と視覚表現に焦点を当てたサンフランシスコを拠点とするストリーミングメディア会社であるFandorの会長、およびニューヨーク市に本社を置くサブスクリプションベースの映画チケットサービスであるMoviePassの会長を務めています。

2013年、NBAのサクラメント・キングスを購入したカリフォルニアの投資家グループに加わりました。グループの理事会のメンバーとして、技術と管理に関する専門知識でバスケットボールの運営と、2016年にオープンしたチームの最先端のアリーナであるゴールデン1センターに貢献しています。このアリーナは最近、世界で最高のエリートスポーツ施設に選ばれました。

Facebookに勤務する前は個人開業の弁護士として、マイクロソフトの反トラスト訴訟でネットスケープを代表し、デジタルコンテンツの個人使用権を促進するMP3プレーヤーをめぐる画期的な訴訟でダイアモンドマルチメディアを代表しました。クリスはジョージタウン大学で学士号を、イェール大学で修士号を、ハーバード大学で法学位を取得しています。クリスはまた、イーストパロアルトの代替公立中学校であるサンフランシスコ49ersアカデミーの理事会のメンバーであり、若者のための全国的なリーダーシップトレーニングプログラムであるニューリーダーズカウンシルの議長も務めています。

 

クリス・ケリーへの講演依頼にご興味がある方はこちらへご連絡下さい。

スピーカーの検索